スタンダードマンの記録

愛と平和と家族のために働く平凡な男の日記

ガーディアンを連呼するおばあちゃんに出会った

ほんの数日前のことだが、仕事であるお客さんの家を訪ねた。

お客さんの家自体は特に何もなかったのだが、問題は帰り際、お客さんの家の隣から聞こえてきた声だ。

「ガーディアン。ほら、こっち、ガーディアン。ガーディアン。」

 

私は、耳を疑った。それと同時に胸の高鳴りを覚えた。声の方に視線を向けると、なにやらおばあちゃんが友達らしき人を、庭の畑に手招きして案内しているようだった。

 

「ガーディアン。ガーディアン。見て、ガーディアン。」

おばあちゃんは早口で呟く。自然と頬が緩み膝が震える。

「そこにガーディアンが、いるのか?」自分が軽い興奮状態にある事を感じた。

 

ここら辺で女性の方には説明が必要になって来ると思う。

あえて言い切るが、男は皆、ガーディアンというものが好きだ。憧れていると言ってもいい。まず、ガーディアンという言葉の響きに「カ、カッケェ…」となる。そして、ガーディアンが守護者という意味と知り「ガーディアン…ヤバイ…マジヤバイ……」に変わる。

 

そもそも男というのは、なにかと守りたがる生き物である。土地を、愛する者を、あるいは誇りを。「攻撃こそ最大の防御なり…」とか言う奴ですら前提として守ることが頭にある。とにかく目を離すとすぐにガーディアンになろうとするのが男なのだ。

 

そんな男の象徴でもあるガーディアンを連呼し、あまつさえ友達に見せつけようとするおばあちゃんが目の前にいるのだ。(下ネタではない)

そうなると必然、私の足は止まる。

 

「ガーディアン。ガーディアン。ほら、来て。ガーディアン。ガーディアン。ガーディアン。見て、これ。ガーディアン。ほら!」

 

矢継ぎ早に発せられる、ガーディアンと呼び掛けのコンビネーションブロー。

奇しくもそれは、私が柿ピーを食べる順番と全く一緒であった。

 

「柿!柿!ピー!!柿!柿!柿!ピー!!柿!!ピー!!!」

 

体に馴染んだリズムが心地いい。思わぬ偶然の一致と本物のガーディアンへの期待に、私のテンションは最高潮に達した。

 

「ほれ、ガーディアン!」

 

 

 

…結果を言うと私の憧れた守護者はそこにいなかった。ナスだった。

 

ィミゎかんなぃ。。もぉムリ。。。

そう思った。

だが、それならそれで元々なんて言ってのかが気になるので調べた。

 

ちなみにどうでもいいんだか、【茄子 ガーディアン】と一括りにして検索に掛けた人は世の中にいるのだろうか。当然それらしいものは出なかった。

 

言葉をずらしたりして調べていくと、それらしき言葉が出て来た。ガンディアだった。

ガーディアンはおばあちゃんの訛り具合と私の耳の腐り具合から生まれたようだ。

リスターダ・デ・ガンディアというイタリアの品種のナスらしい。

 

「ほう」と思った。

なんでも、肉厚で和風の煮物にすると旨いらしい。炒めてチーズと絡めても美味しいらしいが、それは別にどっちでもよかった。

私が気に入ったのは、リスターダ・デ・ガンディアという語感からくる必殺技感、圧倒的な強者感のみ。

 リスターダ・デ・ガンディアの前では、どんな料理もたちまちオシャレになるだろう。

例えば、リスターダ・デ・ガンディアで麻婆茄子でも作ろうものなら、それはもう麻婆茄子とは表記されない。

「こちら本日のメインディッシュ、

マルボーウ・リスターダ・デ・ガンディアでございます。」

間違いなくこうなる。

 

このオシャレ感ならBLEACHあたりに出て来ても違和感ない気がする。破面(アランカル)とかが使いそう。というか使ってた気がする。

十刃(エスパーダ)の誰かが帰刃(レスレクシオン)したのがガンディアでガンディアを刀剣解放第二階層(レスレクシオン・セグンダ・セターパ)したのがリスターダ・デ・ガンディアだった気がする。

よく分かんないけど多分、そう。

 

ドーン!

 モクモク〜

「無駄だ、と言っている…」

 

「なん…だと…?」

 

「このまま殺すのは簡単だ…。しかしせっかくだ、冥土の土産に真の姿を解放してやろう」

 

「なん…だと…?」

 

「リスターダ・デ・ガンディア!」

カッ!

どどん!!

「なん…だと…?」

……………

………

間違いなく、使ってた。

 

その後、家に帰って妻に「知ってるかな?リスターダ・デ・ガンディアっていう名前のナスがあるんだよ!」と言ってみた。ドヤ顔だったと思う。今日知った言葉だがかなりドヤってた。そんな気がする。

「ふぅん。で?」

吐き捨てるように妻は言った。

お仕事の話。愚痴と現実と今後について

ゴールデンウィークが終わった…。仕事という現実をまだ受け入れられない。

そもそもおかしいのは、こちとら普段は週5で働いているのに、たかが3、4日休んだだけで、なぜこうもやる気がなくなるのか。なんでやる気すぐ死んでしまうん。

当然答えは出ている。「だって、仕事つまんないんだもん。」これに尽きる。

 

うちの会社は、基本的にはかなりホワイト企業だと思う。季節に影響されるので

夏場と冬場で休みの数に差はあるが、6、8月なんかは出勤が19日しかなかった。3日に1度は休みと思うとかなりおいしい。また給料も多くはないが悪くもない。地方の20〜30代の平均年収の同等かほんの少し超えるぐらい。

今の時代に、ましてや高卒でこの待遇で働かせてもらえるのは本当にありがたい。本来ならば、社長の靴を舐め、血の忠誠を誓い、その魂を捧げるのが世間一般で言う筋なのだろう。だが、気高き私の心はそれを良しとしなかった。

 

ぶっちゃけると、飽きた

 

確かに、来年で30を迎える私が、妻子を持つこの私が、こんなことを言うのはどうかと思う。

だけどね、今のお仕事って始めて8年目になるんだけど、やってる事は入社して2、3ヶ月経った時から何も変わってないの。 逆に言えば、2、3ヶ月で覚えられるような仕事を7年はやってることになるの。

これではさすがに、飽きると言うものだ。はじめは、私も仕事を覚えようと色々聞いて回ったものだが、そういった仕事は割り振られなければ使われない知識だ。使われる事のない知識はやがて風化していき、記憶の片隅に閉じ込められる。この記憶の扉はもう一人では開けることは出来ない。他者の手を借りなければならない。つまり、もう一度聞かなければならない。無能の出来上がりだ。

こんなことが続き、もう私は向上心をすっかりなくしてしまった。意識低い系どころではない。無。私の心はただひたすらに虚無だ。そう私は意識無い系男子なのだ。

自分で書いておきながら、意識無い系男子の字面の破壊力と意識無い系男子が社会に出ていているヤバさに打ち震えている。

とりあえず言いたいことをまとめると、「ふぇぇ。仕事内容は変わらないのに給料だけが増えていってるよぉ~。」ってことだ。

 

 

あれ?

 

そう考えると、なんだかおいしい話な気もする。というかこんなにうまい話はなかなかないぞ。

ここはやはり社長の靴を舐め、血の忠誠を誓い、その魂を捧げるべきなのかも知れない・・・

 

ただ真面目な話、いかに社長と言えど永遠ではない(というかそこそこ高齢)。そうなった場合、うちの会社は大手の下請けに吸収されるらしい。そういう契約らしい。血の契約だ。

仮にそれが、10年後に訪れたとしよう。

するとどうだろうか?その時、私は40。新人でもできるような簡単な仕事しか出来ない、意識無い系のおっさんの完成だ!

一回り以上も年下の子達に、見下されながら仕事を教わる意識の無いおっさん。

圧倒的リアルがここにあるっ!!

 

 

 

これは、まずいよね。

子を持つ父親としてもまずいし、そもそも一つの自我を持つ人間としてまずい。

 

というわけで、副業はじめました。色々ぐだぐだ言ったけど、正直、今の不安定な世の中で収入源が会社だけってリスクが大きいと思う。会社でのスキルを磨くのも大事だけど自分一人でもお金を稼ぐ力をつけることが重要になってくると思う。

今はまだわからないことだらけだし作業自体はクソつまらないけど、自分でどうしたら稼げるか考えながらやるのは、与えられた仕事だけやってる時と違って刺激があって面白いです。とりあえず、楽しみながらやって行こうと思います。

 

ちなみにこれは余談だが、いや余談もいいとこなのだが先日の話。

いつも、娘のお風呂は私が入れているのだが、上の子(2才)が「ママと入りたい!」とグズりだした。どうしたことかと聞いてみたら「だってパパ、つまらないからヤダ。」だってさ!!

これがリアルだ・・・。

結婚して5年経ったので改めて結婚のメリット・デメリットを考えてみた

 

 タイトル通りなんですが、24才で結婚してから早5年。

 式を挙げて、犬飼って、子供が生まれて、家建てて、また子供が生まれて、と人生のビッグイベントが詰め込んだ、かなり濃い5年となりました。
 
そのひとつひとつの思い出を、妻と共有してきたわけですが、ここらで一度、結婚についてのメリット・デメリット、自分の考えをまとめてみようと思います。
 
あらかじめ言っておくと、結婚するしないは自分の生き方の問題なので、どちらが正しい選択とかはないと思ってます。
 
  1. 結婚のメリット・デメリット
まず、ネットでよく見る意見をまとめました。
 
結婚のメリット
  • 単純に好きな人と一緒になれて幸せ
  • 世間体がいい
  • 老後や病気時のリスクが減る
  • 孤独じゃない
  • 子供を持てる
結婚のデメリット
  • 自分の時間がなくなる
  • 自由に使えるお金が減る
  • 相手のペースに合わせる必要がある
  • 養育費や生活費で何かとお金がかかる
  • 異性や友人と好きに遊べなくなる
大体こんな感じの意見が多かったです。
僕自身も、概ね同じようなメリットを感じてます。
 しかし、感情や主観による所が多いので仕方ないかもしれませんが、結婚の良い所を言うとすぐに否定する人が多く伝わりづらい印象です。
 
デメリットに関しても、うん、わかる!って感じです。
 僕の場合は、物欲も女遊びもあまり興味はないので大丈夫なのですが、自分の時間とペースを崩されるのが、とにかく辛いです。
 今は、朝?の3時に起きて好きなことをするという力技で解決しています。
 
 
結婚で大切なこと
こういう話をすると決まって「結婚は損得じゃない。」という人がいますが、結婚はゴールではなくスタートなので、メリットデメリットについて考えるのは大事なことだと思います。
ただ、損得じゃない大きな部分は確かにあって、メリットデメリットでしか結婚を考えない人、そもそもデメリットありきで決め付けて話している人が多いので、それもどうなのかなと思います。
自分の感情やメリットデメリットについて思っていることを、相手と話合って価値観の共有をすることが一番大切なんじゃないかと思います。
 
自分の妻の愚痴や不満を言う人を見ても間に受けない方がいい
よく友人や会社の同僚なんかが自分の奥さんの愚痴を言うのを耳にすると思いますが、話半分で聞いていた方がいいです。
と言うのも、その人にとって奥さんは家族です。自分の親でも兄弟でもそうですが、自分の家族の話をするときに、良いところ好きなところを話す人ってあまりいないです。
やっぱり人前で、家族を褒めるのは照れくさいですし、自慢みたいにとられても嫌なので多少、空気も読みます。
もちろん、中には本気で奥さんの事が嫌で悪意をもって悪口を言う人もいるでしょう。
愚痴の中に愛情や悪意込めたとしても、どちらにせよ聞き手には悪い情報しか入ってこないです。
そのせいで、結婚に対して上で挙げたような偏った考え方にさせてしまっている一因もあるかと思います。
そして、僕も言ってしまってます。すいません。
 
 
最終的に言いたいこと
子供がッ!!かわいいッ!!!
結局ね、これなんですよ。
結婚に対して悩んでる人のためになればいいなと思ってたんですが、僕は結局これです。100%主観です!圧倒的メリット!!
自分の時間が~とか、自分のお金が~とか、もうね、全部あげちゃう!!
さっき言ったデメリットなんて些細なもんすよ。
いいですか?まず、子供がいたらかわいいだろうなぁという光景を想像してください。
・・・3倍。その想像の軽く3倍はかわいいです!!
 
僕はもともと、子供がそこまで欲しいとは思ってなかったんですよね。子供自体は、距離感つかめなくて少し苦手意識もあったぐらいでした。
でも、子供が出来たら今までの価値観とかが全部変わりました。自分の中のいろんなランキングの一位を一気に更新していくものだから戸惑いもあるぐらいでした。
 
まぁ僕はこれまで、物事に対して執着心があまりなかったから極端かもしれませんが、結婚していなかったら得ることが出来なかったものでした。これから先、なにがあるかわかりませんが、この結婚自体を後悔はしないと思います。
人生の大きな問題なので、とりあえず試しにとは言えませんがやってみないと本当にわからないと思います。
あと、経験で本当に大事だと感じたのでもう一回言いますが、話し合いは常にやっていった方がいいですよ。
 

残酷な天使のテーゼのテーゼって何?

先週、義妹夫婦に誘われて1年ぶりぐらいにカラオケに行って来ました。

とりあえず、みんなで定番の曲から自分の好きな曲、アニソンと歌っていって、義妹が残酷な天使のテーゼを歌いだして思ったんですが、あの曲、もうずっとカラオケのランキングの上位にいますよね。

アスカ派の僕は、今29歳になったところなんですが、確か、エヴァが流行ったのってアスカ派の僕が小学生ぐらいだったはず。

それが、いまだにランキング上位にいるんだからすごいですよね。

 

ところで、この曲を知ってから今までずっと気になってたことがあるんですが、残酷な天使のテーゼテーゼってなんですか?

みんなこれって疑問に思わないんですか?これってトリビアになりませんか?それとも、割とメジャーな言葉でアスカ派の僕が無知なだけなんですかね??

 

気になってたものの、「エヴァ面白いよ!見たことないの?」とか普段から言ってたアスカ派の僕が聞いたら「お前、エヴァ好きとか言ってるくせに知らねぇの?ダサっww」とか言われたらと思うと怖くて、聞けなかった。(いま思えば、自分の痛さに怯えるべきだったが)

ただ最近になって、テーゼの意味知ってますよ。みたいな顔して生きるのにもそろそろ疲れてきたし、もしかしたら、アスカ派の僕の隠されたルーツなんかもわかるかもしれないと思い、今更ながらこっそり調べてみました。結論から言うと隠されたルーツはありませんでした。

 

 

とりあえず、グーグル先生に聞いてみる【テーゼ 意味】検索

テーゼ [1]ドイツ These】

政治運動などで,運動の基本的方向形態などを定め方針ないし方針書。綱領(こ
うりよう
 
 

 ふむ、わからん。

ちなみ、ウィキペディアだとこうなってました。

命題

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 (2017/03/01 05:45 UTC 版)

(テーゼ から転送)

命題(めいだい、英語: proposition)とは、論理学において判断を言語で表したもので、真または偽という性質をもつもの[1][2]。また数学で、真偽の判断の対象となる文章または式。定理または問題のこと[3]西周による訳語の一つ[4][5]

 

 なるほど、さっぱりわからん。

 

その後も、色々調べたらなんとなくわかってきた。・・・たぶん。

なるべくわかりやすく言うと、命題と言うのは「○○は○○である」というような、それが「正しいか、正しくないか」の内容を含んだ文。

定立は、何事かを肯定的に判断、主張すること。

例えば「アンパンマンは~君さ~♪」というのは「君は、アンパンマンである。」と肯定的に主張、命題を立てているのである。

その逆に、「君は、アンパンマンではない。」と否定的な主張を反定立(アンチテーゼ)

というらしい。かっこいい。

 

話をアンパンマンからエヴァに話を戻すと、残酷な天使のテーゼというのは残酷な天使が立てた定立(命題)という意味らしい。

また、テーゼは方向性を定める意味合いがあるので、天使がこれはこうだよと定めた方針と考えるとしっくり気がする。

 

ここまでくると、残酷な天使のテーゼなのか、残酷な天使のテーゼなのか気になってくるし、ほどばしる熱いパトスってなんだよってなってきたのでそれも調べて考えてみました。

 

とりあえず、歌ってみる。

ざ~ん~こ~く~な♪天使のように~♪少~ねn以下略。うん、残酷なのは天使だ。

 

次にパトス。意味は、怒りや悲しみ、喜びに、憎しみや恐怖などの苦痛や快楽を伴う一時的な感情らしい。

つまり、ほどばしる熱いパトスは、最高に「ハイ!」ってやつだアアアハハハハーッってことらしい。

 

 

 

そして、ここまで調べたところで、残酷な天使のテーゼの歌詞は約2時間で適当に作られたものだという記事を見た。

そしてこの文は、もともとキーボードを打つのが遅いのと、ちゃんと調べながら書いたので3時間もかかっている・・・。

 

 

裏切ったな!(アスカ派の)僕の気持ちを裏切ったな!父さんと同じに裏切ったんだ!!

セーブオンがなくなるらしいのでセーブオンの魅力について語りたい

f:id:mental102:20170504050021j:plain

みなさんは、セーブオンというコンビニをご存知だろうか?

セーブオンは地元グンマーを中心に展開し、グンマー人なら知らない人はいないあの巨大組織「ベイシアグループ」から出ている地域密着型のローカルなコンビニだ。

 

ニュース自体は2月に出たらしいのだが、そのセーブオンが2018年までに全店ローソンになるという話を最近になって聞いた。

 

僕が、その話を聞いて反応するまでに5秒はかかった。

意味がわからない。長年寄り添った相棒が、「俺、もうすぐドイツ人になるんだ!」と言われているようなものだ。

国籍が変わるだけならまだいい。見た目も喋り方も変わるよと言われたら、どんな顔したらいいのかわからない。

「笑えばいいと思うよ。」と言われても笑顔を向けるべきセーブオンはそこにはいないのだ。

しかも、複雑なのは転換先がローソンという点だ。

正直、僕はローソンが嫌いじゃない。というより小学生時代に一番近くにあったことから親しみも感じている。あと、からあげくんがうまい。これだけで中々、嫌いになれない。

ただ、これがもしサンクスとかなら大変なことになっていたかもしれない。

 

なぜ僕がこんなにもセーブオンを愛しているかというといくつか理由がある。

前置きが長くなったが、セーブオンの魅力について語っていこうと思う。

 

まず、僕がセーブオンを好きな一番の理由としては・・・・安い!

いきなり金である。ただ、僕のお小遣いは毎月1万5千円で、毎月かかる費用などもあるので、好きに使えるお金は1万円ほど。そこから、毎日の飲み物代などを払っているのでご理解いただきたい。

 

普通のコンビ二のおにぎりだと、ツナマヨが100円(税別)で、たらこや鮭なんかは百数十円するけど、セーブオンはそういう差別はしない。みんな100円(税別)。

ちょっと良さそうなものはさすがに100円(税別)以上するけど、おにぎりの基本ラインナップなんかはみんな同じ値段。

あと、900mlのペットボトルで紅茶やコーヒーなんかが100円(税別)で売ってるしエクレアやシュークリームなんかが70~80円台で売っていて陳列棚にやさしい世界(財布に)が広がっている。

 

ベイシアセーブオンにしかない商品がいっぱいある

ぐんまちゃんヌードルやぐんまちゃん焼きなどのぐんまちゃんシリーズ(勝手に呼んでいる)がおすすめ。

あと、ドーナツが安くてちょっと味も安いけどうまい。普通にうまい。

ただ、カップ麺の「旨くて御麺」は・・う、うん・・ごめん・・・。

 

アイスが48円で売ってる

セーブオンっていうと大体これを言われる。

僕も「セーブオンって何?」って聞かれたらこうに言う。

昔はサンキューアイスと言って39円だったけど時代の波に逆らえず値上げした。

ちょっと値段が高い60~70円台の商品もある。

 それと、夏になるとスイカバーに杏仁のチョコがコーティングされたやつが出るのだが、なぜか普通のスイカバーより安い。毎年、それが出ると狂ったように食べ続けている。

 

値段のことばかりだったけど、セーブオンは安さを売りにしているから許して欲しい。「この価格で、この味なら悪くないじゃーん!」というのがセーブオンの良さなのだ。

 

ちなみに、コーヒーマシンで入れるコーヒーにトッピングでアイス(税込み60円)が売っていてコーヒーフロートが出来るのだがいるのだが、それとドーナツ(税込み60円)をおやつの時間に食べるのが僕の中のジャスティス!

 

早起きはメリットだらけ??朝3時起きするようになって変わったこと

おはようございます。現在5時54分です。

 

みなさんは、いつも何時頃に起きていますか?

平成23年の総務省の統計局が行った調査によると、日本人の平均起床時間は6時37分らしいですね。

 

ちなみに、僕は3時頃から起きています。

毎日きっかり3時に起きているわけではないですが、大体2~4時頃には起きるようにしています。

友達や会社の同僚などに言うと、「バカなの?どうしたの?バカなの??」と言われて少し泣くんですが、これが意外といいんですよ!

なので今日は、朝3時に起きるとどんな感じか伝えようと思います。

 

心に余裕ができるようになった

まぁ、よく聞くと言えば聞く言葉なんですが実際やってみるとすごく実感できます。

いつもは、朝起きて犬の散歩をし、洗濯物を回して、自分でお弁当を作り!!あわあわしながら出て行くんですが、家を出る3分前まで慌てなくなりました。3分前はダメです。必ず忘れ物があります。

 

そして、僕はコーヒーをよく飲むのですが、2~3杯は飲めます。

「おかわり、もらえるかな?」ニコっ。と言いながら一人でコーヒーを入れる余裕もあります。朝ごはんも車でパンを食べてたのが、家で食べられるようになりました。

 

自分の時間が増えた

個人的にはこれが一番のメリットですね。

僕は、本を読んだりするのが好きなんですが、その時間を自由にもてるのは大きいです。

勉強などの自己投資にも当てられるので、経験値がかなり貯まります。

あとは、貯めた経験値を生かせれば完璧なんですが・・・。

 

意識高い系(笑)になれる

社会的成功者は早起きの人が多いという話を聞いたことがあります。

さっきの話でも書いたのですが、早起きして仕事までの時間を自己投資に当てるんだそうです。

僕は、社会的に成功もなにもないので(笑)がとれません。(笑)←これのとり方を誰か教えてください。

ただ「今日、3時起きだわー。まじつれーわー。」とは言わないように気をつけてます。言いたいけど。

 

体の影響は?

よく「眠くないの?」と言われるんですが案外、大丈夫です。

眠くないわけじゃないんですが、夜更かしして朝ふつうに起きるより、眠くなったらとっとと寝て早く起きたほうが、辛くないです。

どこかの話で、人間は最低5時間寝れば大丈夫と聞いたので盲目的に信じてます。

体も、午前中と夕方は調子がいいです。無敵です。

逆に、昼過ぎと夜9時前後はだめです。眠気には勝てなかったよ・・・。

 

 

 

とりあえず、早起きするようになって変わったこと感じたことはこのくらいでしょうか?

そもそも、早起きするようになったきっかけは、子供の夜泣きで起こされてその後、二度寝すると、すこぶる調子が悪かったので、だったらそのまま起きてようと思ったのが意外とよかったからでした。

 

僕自身、早起きするようになって明るくなった気がするのでおすすめですが、体質にもよるので無理なく起きれる時間を見つけるのが一番だと思います。

 

 

 

 

第1話

はじめまして。スタンダードマンです。

 

この度ブログをはじめましたので、まずは挨拶をかねて、簡単な自己紹介とブログを始めようと思ったきっかけなどを連々と書いて行こうと思います。

 

  • プロフィール

私は現在29歳、会社員しております。おひつじ座のO型でラッキーカラーは緑。

「特長がないのが特徴」の平凡な男です。

 

ブログのタイトルでもあるスタンダードマンという名前ですが、これは私の本名です。

 

嘘です。中学の時の通知表が、1年間オール3だった事から付いたあだ名です。

 

  • 家族構成

我が家は4人+1匹家族で、旦那とかわいい娘が2人、しっかり者の妻、そしてキャバリア・キングチャールズ・スパニエルというちょっと長い名前の犬がいます。

ちなみに私は、スタンダードマンです。

 

  • ブログを始めたきっかけ

実は先日、誕生日を迎え29歳になったばかりなのですが、このまま、何事もなく1年経って30歳を迎えるのもなんだかなぁと思い、何か新しい事に挑戦してみる事にしました。

 

ブログを選んだ理由として、一つは場所と時間を選ばずにできる事。

そしてもう一つは、苦手意識があるからです。

実は自分は文章を書いたり、自分の考えを伝えるのが苦手でSNS等もほとんどやった事がありませんでした。

 

ただでさえ、子供が生まれて人に会う機会も減っているなかで、時間だけがこのまま進むと、あっという間にコミュ障おじさんの出来上がりです。

そんな事にならならない為にも、ブログを通して成長して行きたいと思いました。

 

  • 最後に

基本的には、雑記というか日記のような内容になると思いますが、なるべく分かりやすく、自分の考えもしっかり伝える文章を目指して行きたいと思います。